スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

元ヤクルト投手の会田照夫さん虚血性心不全で死去 巨人・会田有志コーチと史上初の親子1軍勝利
2021年02月23日

ヤクルト時代の会田照夫さん(1977年4月撮影)

 巨人は23日、会田有志巡回投手コーチ兼トレーニング統括の実父で元ヤクルト投手の会田照夫(あいだ・てるお)さんが22日午後6時19分、虚血性心不全のため、埼玉県春日部市内の病院で死去したと発表した。73歳だった。

 葬儀・告別式は近親者のみで執り行う。喪主は妻由美子(ゆみこ)さん。供花・香典などは辞退する。

 会田照夫さんは右の下手投げで、埼玉・上尾高から東洋大、三協精機を経て71年にドラフト8位でヤクルトに入団。76年には10(9敗)を挙げ、78年には、20日に胃がんで死去した安田猛さんらとともに戦い、29試合に登板。球団史上初のリーグ優勝、日本一に貢献した。80年に現役引退。10年間で通算273試合に登板し、29勝45敗3セーブ、防御率4・34だった。

 三男の会田有志コーチも現役時代は下手投げで、巨人では07年に3勝を挙げ、日本プロ野球史上初となる父子での1軍勝利投手となった。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

元阪神の三宅秀史さん死去 吉田義男と「史上最高」の三遊間 700試合連続フルイニング出場の元祖鉄人【スポニチ】
---------------
巨人1号!広岡 トレード会見翌日に古巣ヤクルト撃ち、原監督助言に一発回答【スポニチ】
---------------
広島ドラ3大道 腕が鳴る甲子園での“佐藤輝斬り”「思い切り腕振りたい」いまだ被安打0の守護神候補【スポニチ】

速報

マリナーズ・雄星 オープン戦2度目は一発浴びるも3回1失点、156キロ計測
---------------
レンジャーズ・有原 オープン戦2度目の登板は3回1失点、制球良く内容向上
---------------
“復活”C大阪・大久保の虎の穴「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社