スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

阪神 救いはロハスの一撃 「感触も良かった」甲子園最長の141メートル弾 最終盤での猛打に期待
2021年10月18日

<神・広(22)> 7回無死一塁、ロハスは左越えに2点本塁打を放つ (撮影・後藤 大輝)

◇セ・リーグ 阪神2−4広島(2021年10月17日 甲子園)

 阪神・ロハスが特大2ランを放ち、敗戦の中で一矢報いた。0―3の7回無死一塁。玉村の高め直球を捉え、左中間席に運んだ。6日のDeNA戦以来、出場7試合ぶりの一発。場内ビジョンに表示された弾道測定器(トラックマン)のデータは打球速度178キロ、飛距離141メートルを記録し、最長、最速をたたき出した。

 「感触も良かったですし、いい感じで打てていると思う。それでも、結局負けてしまったということで、うれしさも半減というか…。そういう悔しさもあります」

 4回2死一塁でも左前打を放ち、これで2試合連続のマルチ安打となった。直近5試合は連続安打をマークするなど状態は右肩上がり。「自分自身、苦しいシーズンになっているが、少しでもチームに貢献したい」。最終盤での猛打に期待したい。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

速報

首位ヘンリーが連続バーディー 松山英樹とは3打差に 米男子ゴルフ ソニー・オープン最終日
---------------
首位ヘンリーが6番でバーディー 松山英樹とは再び2打差に 米男子ゴルフ ソニー・オープン最終日
---------------
「紅の豚」地上波13回目でも10・8%の2桁視聴率 「千と千尋」に続き…宮崎アニメは強い

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社